高齢者向け住宅

高齢者向け住宅と老人ホームの違い

日本は少子高齢化が激しい国であって、現在では人口のおよそ25%以上の人が高齢者であると言われています。
今後は、この率が50%近くまで上昇をしていくと見込まれています。
こうした状況下にあっては、不動産の流行もそれに合わせて変わってきます。
昔はそれほど多くなかった、高齢者向け住宅が、各地にできてきています。
とくに都市部では相当な数に上ります。
高齢者向け住宅の中でも、サ高住と呼ばれるマンションタイプの物件は人気です。
お年寄りの中には、老人扱いをして欲しくないという人も多いです。
老人ホームに入るのを拒否する人も多いですが、サ高住なら基本的には普通のマンションと変わりがありませんから、抵抗感なく入居がしてもらえることでしょう。
一応、他のマンションに比べるとバリアフリー化が進んでいたり、介護スタッフが常駐していて無料で利用できたりと、メリットも多いです。
値段が高いので、富裕層でもなければ入居できないという問題はありますが、価値は非常に高いです。

Copyright© 高齢者向け住宅 All Rights Reserved.